-

学校長の挨拶

学校長からのご挨拶

小泉 智恵子 校長

Chieko Koizumi 

 

本校は、日本医科大学の建学の精神である「克己殉公」、すなわち「わが身を捨てて、広く人々のために尽くす」を基盤に社会に貢献できる看護師の育成を目指しています。

看護には人や自分の喜びや悲しみを感じ取ることができる「感性 Heart」、看護に興味を示し自ら学習していく「姿勢 Hand」、勉強することの楽しさ、素晴らしさを知り学問を追及、吸収していく「能力 Head」が必要です。看護の対象は「人間」であり、看護とは「人間関係のプロセス」といわれています。だからこそ、一人の人間としての在り方が問われる職業でもあります。本校は専門職としての知識・技術と共に、自律性、主体性、創造性に富んだ豊かな人間性を育てることを大切に、共同存在を基盤とした関係を築きながら自らも成長し、質の高い看護を提供できる看護実践者を育てています。

看護師になるという夢の実現に向かって教職員一同、応援させて頂きます。

最後に私の大切にしている「先憂後楽」、この言葉を皆様に贈ります。

-