-

在校生からのメッセージ

学校の授業は、1コマ90分の授業が1日に最大4科目あります。国家試験を先に見据え、そして看護師になってからも必要な知識を1年次から学んでいます。授業では学校の先生方だけでなく、病院で働いている医師の方や日本医科大学で研究をされている先生など様々な先生にご講義して頂いています。体や病気の構造や仕組み、看護についてなど専門的な知識を勉強しています。


シーツ交換や血圧測定などの看護技術を学ぶ授業では、病院で実際に使っている物品や病棟ベッドを用いて自分達自身で体験しながら学んでいます。放課後に自主的に練習もできるので、授業で習った後に練習を何回も重ね、安心して技術を身につけることができます。技術演習では先生に技術のチェックをして頂くこともあり個別に的確な指導をして頂けます。自分の技術の課題を見つけやすく技術向上に繋がっています。先生方とは授業や実習を通して関わる機会が多く学生との距離が近いです。看護の大先輩として日々熱心にご指導して頂いています。


1年生の頃から実習では患者さんを受け持たせて頂きます。学校で学んできた知識と技術を活かして、患者さんとコミュニケーションを取りながら向き合い援助を行います。本校は最新の医療施設の整った病院に隣接しており、また附属病院や施設が多く実習環境にとても恵まれています。看護師として働く先輩方の姿を間近で見て実際に患者さんと関わるため、将来看護師になった時のイメージもしやすく良い刺激を受けます。学校では学べない様々なことを経験できる実習を数多くできるのは専門学校ならではだと思います。


クラスでは看護技術の体験学習や演習などグループワークも多いのでみんなと関わる機会があり、男女や年齢関係なくみんなと仲良くなれます。1学年約80人の2クラス構成ですが、2クラス合同で授業や活動をすることも多いのでクラス関係なく友達ができます。学校祭などの学校行事も活動的で、また様々なサークルがあり活発に行われていて先輩後輩の関わりもあります。


 学校横に学生寮があり東北など様々な地域出身の寮生が多くいます。同じ高校や県の友達がいなくて最初は不安だったと思いますが、授業が終わった後に寮生は寮生同士でスーパーに買い物に行ったり一緒に勉強したり楽しく過ごしています。


入学する前は人間関係や勉強や実習についていけるか不安でしたが素敵な仲間や先輩、先生方がいて、忙しくて大変な時もありますが友達と支えあって楽しく学校生活が送れています。看護師になるうえで必要な知識・技術・態度を身につけるにはとても充実した環境だと思います。ぜひこの学校で一緒に学びましょう。
 

-